悩み別カバー力の高い化粧下地を活用すれば一日中メイクが崩れにくい

メイクの土台である化粧下地は肌を整えメイクができる状態に仕上げる必須アイテムです。正しく使用することで、メイクの仕上がりが大きく左右されます。また、カバー力のある化粧下地を使えば、肌の悩みを上手く隠すことも可能です。化粧下地選びに悩んでいる方に向けて、カバー力のある下地の選び方のポイントを紹介します。 

そもそも化粧下地は何故必要か

そもそも化粧下地は何故必要なのでしょうか。意識せず何気なく使っている方も多いと思います。化粧下地が必要な理由はいくつかありますが、もっとも重要なのがメイクから肌を守る保護機能です。化粧下地は肌を整える機能があると同時に、その上からするメイクから肌を守る働きがあります。

メイクにはさまざまな成分が含まれており、中には肌に負担を与えるものも。近年ではオーガニック化粧品の数も増えていますが、それでも素肌の上からメイクをするのは肌に対してかなりの負担となります。化粧下地を使わずメイクを長時間肌に乗せていると、メイクに含まれている成分が肌の奥深くに入り込んでしまい、ニキビや炎症などさまざまな肌トラブルを引き起こす原因となるのです。

化粧下地はいわば膜のような働きを担っています。メイクをする前に化粧下地を塗っておくことで、メイクから肌を守る重要な役割を担っているのです。また、化粧下地にはメイク用に肌を整える役割があります。素肌の上からファンデーションやアイシャドウを塗っても、思うような色が出なかったり伸びがよくなかったりと、自分の気に入るようなメイクができません。

しかし、化粧下地を塗っておけば、メイクの発色がよくなり肌にしっかり馴染みます。このように、化粧下地はメイクをする上で必要不可欠な工程でもあるのです。

テカリが気になる方は皮脂吸収パウダー入りがおすすめ

化粧下地と一言でまとめてもさまざまな種類があります。肌の悩み別に合った化粧下地を選ぶことで、メイクの仕上がりが格段に違ってくるのです。メイクをした後、時間が立つとテカリが目立つのが気になる方は、皮脂吸収パウダー入りの化粧下地がおすすめです。

名前の通り、顔に分泌される皮脂を吸収して、メイクを崩れにくい状態にして一日中カバー力をキープできます。皮脂は肌を守るために分泌される重要なものですが、分泌され過ぎると化粧崩れの原因となり、せっかくきれいにメイクをしても台無しになってしまいます。

テカリが気になる方はパッケージを確認して、皮脂吸収パウダー入りの化粧下地を選びましょう。

くすみやシミが気になる方はコントロールカラーで肌色を調節

化粧下地は肌色を変え、肌の様々な悩みをカバーしてくれます。カバー力と言えばコンシーラーを想像する方も多いと思いますが、実は化粧下地から肌色を変え、肌の悩みを効果的にカバーすることができるのです。コントロールカラーにはさまざまな種類があり、血色の悪さが気になる場合はピンク系、ニキビを隠したいときはグリーン系、肌に透明感を出したいときはパープル系など、肌の悩み別に細かく色を変えて臨機応変な対応ができます。

ただし、コントロールカラーを使うときには注意が必要です。元々の肌色に合わないカラーもあるので、使い方によっては悩みをうまくカバーできないこともあります。自分の肌色に合ったものを選びながら、悩みをうまく隠せるコントロールカラーの化粧下地を選びましょう。

気温と湿度が気になる方はウォータープルーフ

梅雨から夏にかけて気になるのが湿度と気温。じっとしていても汗が大量に出てしまい、化粧崩れの原因になってしまいます。汗をかく量は人により異なりますが、顔を中心に大量に汗をかいてしまう方も居ます。そんな方におすすめなのが、ウォータープルーフの化粧下地。

水に対して高い耐久性を持っており、汗をかいても長時間メイクをきれいなままキープできる崩れにくい化粧下地です。そこまで汗をかかない方でも、夏場だけウォータープルーフに変えるだけでメイクの持ちがかなりアップします。

気温と湿度に合わせて化粧下地を変えるのも、メイクが崩れにくくなる一工夫です。

合わせて読む:化粧下地のタイプ別の特徴と冬に向いている化粧下地のタイプとは

乾燥が気になる方は保湿成分入りがおすすめ

メイクをしていると気になるのが乾燥です。長時間メイクをした後にクレンジングをすると、顔がいつもより乾燥してつっぱってしまうというケースも珍しくありません。元々乾燥肌の方はメイクによる乾燥が特に気になるでしょう。

そんなときは、メイクのベースである化粧下地を保湿成分入りのものに変えてみてはいかがでしょうか。保湿成分入りの化粧下地はしっとりとした使い心地で、乾燥が気になりません。メイクオフをしてもつっぱりを感じることは少ないでしょう。

化粧下地の豊富なラインナップの中でも、保湿成分入りの商品は人気が高いです。様々なブランドから保湿成分入りの化粧下地が販売されているので、自分の肌質に合った商品を探してみてください。

毎日使うならプチプラブランド

ほぼ毎日化粧下地を使う方は消費も早く、コスト面で負担が大きくなります。そんな方にはプチプラブランドの化粧下地がぴったりです。デパコスと違いプチプラだから機能性は高くないだろう、というイメージを持つ方も多いと思いますが、近年では安い価格で高機能な化粧下地も増えています。

ただし、プチプラ化粧下地を選ぶ際には、自分の肌質と悩みに合わせた商品を選ぶのが重要なポイントとなります。評判がいいから、ネットで話題になっているから、購入しやすい安い価格帯だからという理由で選ぶと、カバー力が低くメイクの仕上がりはイマイチなものになってしまいます。

プチプラブランドを選ぶ場合は、厳選して本当に自分の肌質に合うものを探してください。

毛穴をカバーしたいなら密着力で選ぶ

毛穴が気になるという方はコンシーラーを使ってカバーするのも効果的ですが、どうしても厚塗りになってしまう、思うようなカバー力がないという場合は化粧下地から選び直してみましょう。化粧下地はメイクができる肌環境に整えるだけでなく、さまざまな機能があります。

毛穴カバーもその一つで、肌を整えながらナチュラルに毛穴を隠すことができるのです。毛穴のカバー力を重視するなら、化粧下地の密着力から選びましょう。肌にしっかり密着する化粧下地を使えば、毛穴を自然な形で隠せます。

ただし、毛穴が気になるからといって使い過ぎには注意です。メイクのよれの原因となってしまいます。顔全体に均一に塗り、それでも毛穴が気になる場合はプラスアルファでコンシーラーを薄付きで使いましょう。

合わせて読む:化粧下地がよれる原因とは